レジリエンスリーダー養成講座

 

レジリエンスを身に付けたリーダーは、部下のレジリエンスも高め、組織を活性化することができます。従来のリーダーシップ研修にレジリエンスを組み合わることで、ストレスの多い業務でも、困難な課題にも積極的に向き合える組織風土づくりに役立ちます。

こんなリーダー・管理職はいませんか?

  • 率先するのが苦手

  • 部下の面倒をみるのが苦痛

  • 人は育つものであって、育てるものではないと感じている

  • 説明しなくても分かってほしいと思う

それは、ベクトルが部下に向いていないからかもしれません。

人は自分の損得に関係ないことでは、他人には興味がありません。

リーダー自身も自分の興味関心にベクトルが向いていると

部下の状態に気付くことができません。

自分の感情をコントロールできないと、部下に対しても間違った対応をしてしまいます。

部下からは本音が言えないリーダーは孤立し、

レジリエンスが低く、リーダーシップを発揮しずらくなります。

4つのレジリエンス行動と
リーダーシップ

□ Stop(ネガティブ感情を止める)

□ Change(気持ちの切替)

□ Go(行動を起こす)

​□ Up(目標に向かって成長する)

​□ Support(他者を支援する)

『リーダーシップは学びにくい』という声にお応えします

リーダーシップ研修に関して、以下に様な声が聞かれます。

「頭では分かったけど、実践方法が分からない」

「自分の行動パターンは変えにくい」

「研修の効果を実感しづらい。本を読むのと同じだと思う」

「周りにお手本がないのでむずかしい」

このような声に、レジリエンスリーダー養成講座ではお応えします。

  • 新しい習慣づくりを目的に、講義以外のフォローに重点をおいています。

  • 事前面談で動機付け、研修後面談で効果の確認を行います。

  • コーチングにより、実践をタイムリーにサポートします。

  • 受講者同志の経験の共有により、具体的な実践方法が学べます。

プログラム内容

*1 受講生、上司、講師の3者での面談

*2 全てのプログラム終了後、講師が作成いたします。

実施内容や期間等は、部分的な実施を含みカスタマイズが可能です。

​集合研修の内容

​費用はお見積りいたします。詳細はお問い合わせください。