レジリエンスで幸福感を高める

ニコニコと笑顔でいる人の周りには人が集まり、様々なことが上手くいくことが多いと感じたことが

あります。レジリエンスを高めることは、幸福感を高めることに繋がります。

より良い人生にするため、レジリエンスを高め、幸福感を感じられる生活を目指しせんか?

 

 

 

 

 

 「成功したから幸福になるのではなく、幸福だから成功する」

 

ショーン・エイカーの「幸福優位7つの法則」では、「成功したから幸福になるのではなく、幸福だから成功する」と言っています。
幸福感とは、ポジティブ感情を覚える状態と定義されています。劣等感や挫折感などのネガティブ感情が視野を狭め、選択肢の幅を狭めるのに対し、ポジティブ感情(幸福感)は広い視野で可能な選択肢を増やし、思慮深くなるという拡張効果があります。多くの心理学者による実験でも、幸福感は良い結果につながると証明されています。

 

レジリエンスと幸福感のつながり

 

レジリエンスには、ポジティブ思考が必要です。ポジティブ思考を身につけることによって、幸福感も高まります。つまり、レジリエンスであるということは、幸福な状態とも言えます。

 

レジリエンスが高まることの効果

 

ポジティブ心理学の創始者の一人であるマーティン・セリグマン博士は、「人生で達成したい意味のある目標があり、それに夢中になり、喜びを感じられる状態」を幸せだと定義しています。

レジリエンスが高まると、何事においても意欲的にチャレンジできるようになります。「このチャレンジは、失敗しても自分にとって経験になる」そう考えられるようになると、回復が早くなり、目標に向かって夢中になることも可能だと言えます。

当研究所では、クライアントの目標達成をコーチングで支援しています。コーチング・セッションは、電話またはSkype、対面(関東圏のみ)で提供いたします。個人で申し込めるパーソナルコーチングや企業向けのビジネスコーチング、組織単位でのグループコーチングの他、コーチングを学べるセミナーも開催しております。

お気軽に当研究所までお問い合せください。