自分のリソースを確認する

私たちは2つのリソースがあります。

自分自身がもっている内側のリソースと自分以外の外側のリソースです。

リソースを点検し、うまく活用することでレジリエンスを高めていきます。


4つのレジリエンス行動、Stop(静) Change(替) Go(動) Up(幸)

これらは、関係し合っていますが、それぞれの行動に共通で必要なものがリソースです。


リソースには 能力や経験、有形無形の財産、自分自身がもっているものと

自分以外で、頼りになる人脈や情報、助けになるものがあり、

前者を内的リソース

後者を外的リソース といいます。


リソースは自分では気づいていない場合もあるため、

定期的に立ち止まって、自分にあるリソースの点検をお勧めいたします。

※ レジリエンス行動 Stop(静)を実践して点検します。


内的リソースには、

自分自身の徳性(愛情、思いやり、粘り強さ、正義感など)、性格的なもの

知識、資格、経験やスキル、できること

貯金、車や自宅など、所有しているもの

体力(若さ)、健康、時間 (誰もが必ずもっています)

夢、目標、信仰 などがあります。


外的リソースには、

友人、知人、家族、同僚、顧客などのリアルな人間関係

恩師や同級生、大学やサークルのOB/OG 過去からのつながり

コミュニティ、趣味の集まり、SNS 

アクセスできる情報

先祖、神様など 会えないが心の支えとなる存在などがあります。


なるべく具体的に書き出します。


例えば、大学の卒業証書や資格は 就職活動では使えますが、いつまでも有効というわけではありません。

私の高校教員免許やTOEICの点数は今では無効です

ただ、努力の証としてリソースに加えています。


リソースはポジティブに書き出す


リソースは使うためにあるものです。良いことを書き出します。

失敗経験は、教訓となる有難い出来事として書く。

役に立たない資格ではなく、資格を取った努力の証と捉えて書く。

家のローンは、お金が借りられる信用。

若さや体力が衰えたではなく、健康な生活習慣がある。 といった具合に。


外的リソースは、心の拠り所になる存在です。

相談できる相手、お世話になった人、大切にしたい人が確認できます。

この人達の存在が、がんばるエネルギーにもなっています。


リソースを増やす


内的リソースも外的リソースも、制限はありません。

増やそうと思えば、いつからでも増やすことができます。

新しいスキルを磨く、人脈を大切にする。

※ リソースを増やすために、レジリエンス行動の Go(動)を実践します。


リソースは、貯金通帳の残高のように使っても減りませんが、使わないとなくなります。

技術や知識は使わないと陳腐化します。

どんどん使って活かすことがリソースを増やすことにもなります。

夢や目標は、達成するとなくなります。

※ レジリエンス行動 Up(幸)で目標や夢をリソースとして書き加えます。スキルアップもUp行動です。


リソースはレジリエンスを上げる強い味方になります。


何かに迷った時や壁にぶち当たった時、リソースを使って切り替えます。

※ レジリエンス行動の Change(替)にはリソースがとても大切です。


もっているリソースに気づいて勇気がわいてくる

人的ネットワークを使ってみよう、頼ってみよう

自分の強みが使えるように工夫する

過去の経験からアイデアが浮かんでくる


このように、リソースは前向きな気持ちに切り替えるために使います。


自分には何もないという気分では、悲観的で途方に暮れてしまいます。

レジリエンスを高めることも難しいです。


持っていリソースを忘れないためにも、有効活用するためにも、書き出してみることをお勧めします。

最初はなかなか出てこない場合でも、続けていけば最強のリストができます。  (了)














特集コラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ