• 深谷純子

切替でオプションを増やす


レジリエンスは心の筋肉。

柔軟に気持ちが切り替えられると、ストレスからの回復も早くなります。

日本人は謙虚で勤勉、控えめだと言われています。

例えば、国技である柔道や相撲では、敗者に礼を尽くすなど。

どこか幸福感を抑えるような文化があります。

欧米にはない日本独自の文化ですが、

うまくいっている時、順調な時はよいのですが、(勝って、兜の緒を締めるといいます)

そうでない時は、自分を責めてしまい、前向きに気持ちが切り替えにくい一面もあります。

楽観主義者になってみる

「これを実行すればうまくいくはず」

「やってみなきゃ分からない」

「あきらめなければ大丈夫」 といった具合に。

発明王のエジソンは、数えきれない失敗を重ねても

「これで成功に一歩近づいた」と楽観的でした。

気持ちを次の実験に切り替えることで、

粘り強く続けることができ、数々の発明を生み出しています。

ここで注意したいのは、

楽観的な切り替えには、行動の改善や学習を伴うことが必須です。

同じ失敗を繰り返し、成長がないのでは、

気持ちは回復できてもレジリエンスではありません。

プラス言葉を使う

いきなり楽観主義者になるのはどうも、という場合、使う言葉を変えてみます。

マイナス言葉ではなく、プラス言葉を使います。

「難しい」 → やりがいがある、チャレンジだ

「忙しい」 → 充実している、人気者だ

「面倒だ」 → 簡単、さっさと片付けよう

「だるい」 → もうひと頑張り、大丈夫、できる  など

状況は変えられなくても、言葉を変えると気分が変わります。

プラス言葉は脳を喜ばられ、活性化できます。

脳が喜ぶと思考も身体も動きやすくなります。

柔軟思考で選択肢が増え、生産性も高まります。

職場でマイナス言葉を禁止したところ、

ミスが減った、営業成績が上がった、雰囲気が明るくなったなどの声も聞かれます。

良かったことを記憶にとどめる

失敗した光景が頭に残ると、引きずられてしまいます。

次も失敗ではないか、

私には能力がない、

何をやっても無駄だ 

”負のスパイラル” に入っていくと気持ちは切り替わりません。

うまくいった時のことを記憶にとどめるようにします。

その時、どんな行動をとったか。

誰と一緒にいたか。

どんなことを考えたか。

スポーツ選手は、調子が良かった時のフォームが思い出せず、スランプにはいります。

なので、良かった時のルーチンを守っている選手も多いですし、

試合を振り返る時、どこが良かったかに目を向けます。

悪いことは記憶にとどまりやすく、良かったことは忘れやすい。

良かったことを覚えておくことで、困った時に役に立たせます。

うまく気持ちを切り替えて、立ち止まる時間を短くする。

失敗=学びの機会と捉えれば、次の選択肢も見えてくる。

行動を止めないことで、ゴールにも早く近づくのではないでしょうか。

#レジリエンス

0回の閲覧