コラム

思い込みから抜けだす

私たちの思考には「速い思考」と「遅い思考」があります。 速い思考は、直観的、感情的、自動的な思考です。 努力を要せず、複雑なことを簡単に置き換え、ショートカットできる思考です。 一度に複数のことを並行処理できる一方で、 思い込みがあっても修正しずらい特徴があります。 遅い思考は、意識的、論理的な思考、推論です。 熟慮や計算など努力を必要とし、合理的な意思決定ができます。 1つずつのシリアル処理で時間はかかりますが、 理性的であり、弾力的で柔軟な思考ができます。 心理学者でありながら、ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン博士は 「人は判断をするとき、直観を多用する傾向がある」と述べています。 直観を使うと非合理的なことがあり、特にリスクがある状況でこの傾向があるようです。 カーネマン博士のいう直観の一つが、思い込みです。 確かに、思い込みで行動してうまくいく場合もありますが、 思考ロジックにエラーがある状態だと、うまくいかない思い込みです。 コンピュータのプログラムに例えると ・永久ループに入って資源だけを浪費して先に進まない状態 ・お互いに待ち状態で動けないデットロック状態 ・作業を放り出して停止するアベンド(異常終了) ・処理が異常に遅くなるスローダウン これらが思い込みが引き起こす悪い影響です。 ペンシルバニア大学のオンライン授業で、レジリンス・スキルを学びました。 レジリエンスを鍛えるには、感情をコントロールできることが必要であり、 思い込みから抜け出す方法がレクチャーで紹介されています。 悪影響を及ぼす思い込みは、「5つのワナ(トラップ)」で引き起こされていま

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ