コラム

社会人1年目のストレス対応

大学や専門学校を卒業し、はじめて社会人として働き始めた1年目は、様々なストレスがあります。 生まれてからこれまで、毎年の夏休みが無くなるというのも大きな変化です。 異常に暑い昨今ですが、そんな中でも日本の社会人は1週間程度しか休め無いのが現状です。 レジリエンスを高めるには、ストレス耐性を高めることも必要です。 知識として知っておくだけでも役に立つ、 社会人1年目で身に付けたい基本スキルや習慣をストレスの観点でまとめてみました。 1.体調管理 ~疲労によるストレスを回避する~ 2.心を整える ~デジタル社会のストレス対応~ 3.人物の引き出しを増やす ~人間関係をストレスではなく人脈にする~ 4.スランプを歓迎する ~感情の切替えでストレスにバネする~ まず第一に 「体調管理」 アスリートでなくても働くためには身体が資本です。 特に、人生の中で最も休暇が激減する社会人1年目は、今までのペースでいくと危険です。 ・有給休暇が少ない(初年度は10日程度、試用期間の6ヶ月は休めない)※会社によって要確認 ・環境変化に慣れるまでは、疲れがたまる、ストレスがある ・休むのは自己責任ではなく、チームに迷惑がかかる ・1年目は、教えてもらうことが多く、仕事は自由に選べないストレスがある 平日の夜や週末は、疲れをとることを第一に、 少なくとも半年間は健康的な生活で、社会人としての身体を作りを行う。 第二に、「心を整える習慣」 デジタル社会は情報過多です。人間が処理しきれない量の情報が、プッシュ型で入ってきます。 気分が落ち込むネガティブな情報だけでなく、 嬉しい情報も多すぎると脳がオーバーヒー

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ