コラム

しなやかな方を選んでみる

レジリエンスとは、 精神的にへこんでも回復し、さらに成長できる状態です。 強風で、竹はしなりますが、風がやめば元に戻ります。 根を張っているからですね。 台風の後、ボキッと折れている木を見かけますが、 根や幹が太くても、しなることができないと折れてしまいます。 人の心も同じです。 しなやかさがあったほうが、レジリエンスです。 個性を活かして働きたい。 主体的に自分で考えて行動できる人材を育てたいと言いますが、 個性や主体性が強すぎると、まとまりのない組織になってしまいます。 互いの主張を繰り替えすだけで、合意点が見つからないときは、 「それもありだな」と相手の意見を受入れてみる。 心が折れないためにもしなってみる。 受け入れてみると、相手の立場が理解できたり、自分の引き出しが増えるなど、 良いこともあります。 進化論で有名なダーウィンは言っています。 「最も強い者か生き延びるのでも 最も賢い者が生き延びるのでもない。 唯一生き延びるのは、変化できる者である。」 この変化こそが、自分を相手に合わせてみる。 成長のための適応、心の柔軟性を高める機会になります。 小さなこだわりを捨てることで、大きな収穫を得ることもあります。 相手に合わせるということは、思いやりや共感力も必要です。 相手に関心のベクトルを向けて 知りたいと思う、協働作業の第一歩です。 人間的にも成長できます。 つまり、自分を曲げずに戦うより、 しなやかなを選択をすることで、このようなメリットがあります。 ・心が折れそうな状態が避けられる。 ・適応力が高まり、自分の経験やスキルの幅が広がる。 ・思いやりや共感力を養うこ

プロセスに目を向ける

米国心理学協会では、 「レジリエンスは自分を適応させるプロセス」だと定義されています。 Resilience is the process of adapting well ・・・ 全文はこちら http://www.apa.org/helpcenter/road-resilience.aspx 日本語でプロセスは、過程、手順、道のりなど。 私は“習慣”と言いかえています。 起こった結果ではなく、それまでの過程、何をやってきたかが大事。 能力やスキルではなく、思考や行動の習慣が大事。 ということです。 レジリエンスのポイントは、プロセスにあると思います。 能力だと、「できる/できない」となり、結果に目がいきます。 プロセスだと、「何を、どのように行ったか/行わなかったか」となり、行動に目がいきます。 失敗した結果を落ち込むのではなく そこまで努力した時間や取り組んだ内容に目を向けることで、 成長や成果を感じることもできます。 結果を出す、目標を達成するには うまくいくまで行動をやめないことも必要です。 試行錯誤し、やり方を変えたり、深く考えたり、人に助けを求めたり。 その過程があってこそ、結果にもつながるのではないでしょうか。 プロセスに目を向けると、ネガティブ感情を 手放しやすくなります。 うまくいかなかったけれど ・ どんなことをがんばったか ・ 誰に助けてもらったか ・ 何を考えて実行したか ・ この経験で何が学べたか  など プロセスに目を向け、 自分のプラスになる良い面をみる「ポジティブ思考」を使えば、 自尊感情を下げず、早く立ち直り、次の行動に向

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ