コラム

レジリエンスウーマン

女性の社会参加が求められています。 これは、今に始まったことではなく、1985年に制定された「男女雇用機会均等法」から始まり、育児休業法やワークライフバランスなど、30年以上も続いている取り組みです。 女性が経済的にも自立し、家庭を持ち、プライベートを楽しんだ上で、地域社会にも貢献する。どれかひとつではなく、バランスをとって「全部やろうよ」と期待されているように思えます。(もちろん男性も一緒ですが) これが実現された先には、すごく充実した人生があり、やってみる価値はありそうです。 しかし、一方で「いや、私には無理」「大変そう」と思って尻込みしてしまうのも自然なことです。 一度に理想を目指そうとすると、考えただけでも疲れてきます。そこで、少しずつレジリエンスを高めることをオススメします。千里の道も一歩から、ローマは一日にして成らずです。 レジリエンスウーマンとは レジリエンスウーマンの「レジリエンス」とは、しなやかでストレスに強く、互いに助け合える人との繋がりがあります。また、前向きに考えることができるポジティブ思考をもっており、自分を大切にできる気持ちをもっています。例えば、こんなイメージです。 うまくいかなくても、失敗を長くひきずらず、「次はこうしよう」と切り替えられる。 いろいろな人とのネットワークを使って、一人ではできないこともやってしまう。 自分らしさを大切にし、人と比べすぎない、「私は私、これでいいんだ」と思っている。 失敗をひきずらない 挑戦には失敗はつきものです。 挫折や失敗を経験することで人は成長し、何もかもうまくいく失敗のない状態は、何もチャレンジしていない=

人的ネットワークの点検

レジリエンスを高めるには、まわりの人と良いネットワークを構築することが不可欠です。 どんなに頑張っても一人でできることには限界があります。どんな高い志があっても周囲と協働できなければ達成は難しくなります。 良いネットワークとは何かを、信頼と多様性の観点でお話します。 ●相互に信頼できる関係 自分が信頼できる相手とは、困った時に相談でき、愚痴や本音が言える関係があり、アドバイスや時に耳に痛い苦言も聞くことができます。 実にありがたい存在で、 悩みやストレスをため込まなくてすみますし、成長や学びをもたらしてくれる存在です。 同時に、自分も同じことが相手にできること。 つまり、相互に信頼し助け合うことで、あなた自身の自己効力感、相手の役にたっている自分を誇らしく思えることも大切なのです。 心から信頼し、「この人のために役に立ちたい」「何があっても守りたい」と思える存在は、自分自身のレジリエンスを高めることにつながります。 ●多様なつながり もう一つは、多様な人達との繋がりです。 広く浅く意見を求められる、多様な専門分野や考えが得られるネットワークです。 あなた自身にアイデアや気づき、刺激をあたえてくれる存在です。 情報があふれている現在、どれだけ大量の情報を収集するかではなく、どの情報を選択するかが大切になっています。また行き詰った時に現状を打開してくれるのは、自分とは違う専門分野の意見という場合もあります。 多様な人に興味を持ちつながっていくことで、柔軟で広い視野がうまれ、困難や逆境を乗り越える時に、あなた自身にパワーをもたらしてくれるかもしれません。 ●3種類の人的ネットワーク

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ