コラム

キラーストレス

先日、NHKスペシャル「キラーストレス」という番組を観ました。(2016年6月18日~19日) ストレスが身体や心に及ぼす影響を、科学的に解説した興味深い内容でした。 しばらくはオンデマンドでも視聴できますが、簡単に紹介します。 ストレス反応の暴走による命の危険 太古の昔、天敵と向き合う為の一過性のストレス反応が、今や些細なことでストレス反応が起きており、小さなストレスでも積み重なると場合によっては命にかかわる危険となります。 まさに、キラーストレスです。 ストレスホルモンによる血圧上昇は、心臓や脳に悪い影響がある。また、免疫力を低下させる遺伝子は、普段はスィッチが切れているが、ストレスホルモンによってスィッチが入り、がんへの抵抗力を下げてしまうこともある。血管に住み着いた細菌がストレスホルモンによって増殖し、血管を破壊することもある。ストレスの恐さを実感しました。 効果的なストレス対策 適度な運動(1回30分、週に3回程度の有酸素運動)は、脳の神経細胞を変化させ、ストレスが伝わりにくくなる効果がある。ストレスを感じたら行う「気晴らし」を事前にたくさんリストアップしておき、実行してみるコーピング、瞑想によって頭の中を、「今ここ」に集中させるマインドフルネスも有効。 いづれも、自分のストレスに気づくことが大切です。 同じことを経験しても感じ方は人によって違うように、自分のストレスは他人からは分かりにくいものです。ストレスを感じるのは心が弱いからと、フタをするのではなく、ありのままに受け入れてみます。 「心臓がドキドキしてきた」、「呼吸が浅い」、「気持ち重い」、「よく眠れない」、「

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ