コラム

部下のストレス点検の5項目

今月(2015年12月)より、ストレスチェックの実施が義務化されました。 従業員50名以上の組織では、年1回ストレスチェックを行う必要があります。 (参考:厚生労働省のストレスチェク制度サイト) http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/ この制度の施行にあたり、何人かの管理職の方から、 「ストレスチェックで好ましくない結果がでたら、どうしたらいいですか?」 と聞かれました。 医師の面談が必要になると、管理職ができることは限られてきます。 その前にストレスの原因を探り、予兆を察し対策を講じるところに、この制度の主目的があります。ストレスにより生産性が下がる、ミスや事故が増える、離職者が増える予兆がないかを、ストレスチェックの結果を使って確認できるわけです。 仕事だけでなくプライベートな変化もストレスの原因になりますが、 仕事に関するストレスとして、以下の5項目を点検してみてください。 1.モチベーションが下がってないか? 目標や目的が十分理解されていないと、モチベーションは下がります。 不注意によるミスや生産性の低下、不正や事故にもつながります。 人によって何にモチベートされるかは違いますが、 仕事をした先に「自分にとって好ましい状態」があることが大切です。 給料や休暇、スキルアップ、良好な関係など個人の目標と組織の目標が一致していると、モチベーションも上がります。 対策としては、仕事の目標を分かるように伝え、本人の目標と共有させます。 2.仕事の量は適切か?

おすすめコラム
最近のコラム
カテゴリー
アーカイブ