レジリエンス研修

 

レジリエンス研修は、自分の周りで起こる「様々な変化に対応できる人材の育成」を目的にしています。 変化にはチャンスとピンチがあり、レジリエンス力を以下のように定義しています。

チャンスに活かせるレジリエンス力

 

  • 持てる力が十分発揮できモチベーションを維持できる力

  • ストレスを感じる時もうまく対応できる力

 

ピンチに必要なレジリエンス力

 

  • 逆境から抜け出せる力

  • 気持ちの落ち込みから回復できる力

レジリエンスを高める4つのポイント

 

レジリエンス力は習得することが可能であり、「チャンス」にも「逆境」にも必要なレジリエンス力を高めるためには、4つの視点での取り組みが必要です。

 

  1. ストレス対応力をつける

  2. 関係構築力をつける

  3. 柔軟で楽観的な思考力を養う

  4. モチベーションを維持する

 

※当社ではレジリエンス力をポジティブ心理学や脳科学での知見を元に、コーチングやNLPなどの手法を合わせた研修プログラムを提供しております。

その1:ストレス対応力をつける

 

現代は国民の約6割がストレスを感じているストレス社会です。(出典:厚生労働省 国民生活基礎調査) ストレスには、乗り越えた後に個人の学びや成長を伴う良いストレスと 心身に好ましくない影響(気分の低下、食欲不振、飲酒量の増加など)与える悪いストレスがあります。レジリエンスを高めるには、悪いストレスをコントロールする必要があります。

 

ストレス対応力をつけるには、健康的な生活習慣やストレス解消法の実行の他に、ストレスを伴うネガティブ感情に気づいて受容する、思い込みを見直す、肯定的な意味づけをして良いストレスに転換するなどがあります。自分のネガティブ感情をうまくコントロールできれば、レジリエンス力は高まります。

 

研修内容へ

その2:関係構築力をつける

 

他者との良好な関係(絆)は、その人をレジリエンスにします。困難に直面した時、支援を求められる相手がいること、同じ苦境を一緒に乗り越える仲間、励まし合える仲間がいることで、レジリエンスが高まり回復力も強まります。また、何かにチャレンジしている時、自分を理解し勇気づけてくれる存在は、あきらめずに目標を達成する推進力となります。


 レジリエンスは高めるには、まず自分から相手をサポートする姿勢(利他的な感情)が必要であり、それによって相互にとって良好な関係(Win-Winの関係)が構築できます。 組織においてはサーバント・リーダー(奉仕するリーダー)やリーダーを支えるフォロワーシップの考え方も必要となります。

 

研修内容へ

その3:柔軟で楽観的な思考力を養う

 

ポジティブ心理学によると物事を柔軟にとらえ、良い面に気づくことがレジリエンスには必要です。苦しい状態にあるとき「自分だけが、なぜこうなんだ」「悪いことばっかりだ」とネガティブにとらえると視野が狭くなり行動が制限されてしまいます。逆に「いつかは楽になる」「他にできることはないか」と楽観的であることで柔軟な思考力がうまれます。 

逆境環境にある場合は、自分を押し通して対立するのではなく、その場の状況に身をまかせてみる適応力や柔軟さ、そして悪い面ではなく良い面をみようとする楽観性は、気持ちを落ち着かせ、前向きにし、心が折れないという点でレジリエンスです。

 

研修内容へ

 

その4:モチベーションを維持する

 

自分の強みを活かして行動しているとき、モチベーションが上がります。 
 達成したい目標があり、時間を忘れて熱中できる、失敗してもめげずに頑張ることができます。レジリエンスを高めるには、モチベーションを高くもって維持することが必要です。 
 それには、自分を大切に思える自尊心があること、心を揺さぶられる目標があること、「これならできる」という自己効力感をもっていることなどが必要です。
 逆境にあったときにも、自尊心や目的に気づくことで回復力が強まることがあります。組織のリーダーとしては、周囲のモチベーションを上げられる関わり方ができることです。 ビジョンを作って説明し目標を示し、メンバ一人ひとりのやる気を継続させることで組織のレジリエンスは高まります。

 

研修内容 へ

 
研修概要

 

強めたいレジリエンス要素、対象者、ニーズに応じて研修内容を選択できます。

 

  • レジリエンス力を総合的に高めたい   =》 下記1, 2, 3, 4 を実施

  • ストレスに強い組織を作りたい       =》 下記1, 2, 3 を実施

  • 個人のストレス耐性を高めたい     =》 下記1, 3 を実施

  • コミュニケーションを強化したい  =》 下記2 を実施

  • 個人のやる気や強みを引き出したい =》 下記2, 4 を実施

 

全ての研修はレクチャとワークショップを組み合わせた受講者参加型です。 期間(半日~)、参加人数(10名~)、管理職向け/個人向け/組織単位等のニーズに対応いたします。詳しい資料はこちらから>請求してください。 体験者の声は<こちら>

研修概要

 

強めたいレジリエンス要素、対象者、ニーズに応じて研修内容を選択できます。

 

  • レジリエンス力を総合的に高めたい   =》 下記1, 2, 3, 4 を実施

  • ストレスに強い組織を作りたい       =》 下記1, 2, 3 を実施

  • 個人のストレス耐性を高めたい     =》 下記1, 3 を実施

  • コミュニケーションを強化したい  =》 下記2 を実施

  • 個人のやる気や強みを引き出したい =》 下記2, 4 を実施

 

全ての研修はレクチャとワークショップを組み合わせた受講者参加型です。 期間(半日~)、参加人数(10名~)、管理職向け/個人向け/組織単位等のニーズに対応いたします。詳しい資料はこちらから>請求してください。 体験者の声は<こちら>

1.ストレス対応力をつける

 

  • 簡易ストレスチェックの実施

  • ストレスの仕組みと3つの反応

  • ネガティブ感情の言語化

  • ストレスフルな経験の意味づけ

  • ストレスの原因となった思い込みを見直す

  • ストレス解消法

(管理職向け)

  • 傾聴で部下のストレスを知る

  • 部下のストレスに対処する

  • ストレスチェックの結果を組織運営に活かす

  • 行動計画の作成

2.関係構築力をつける

 

  • コーチング的な会話方法

  • 相手に応じた効果的なコミュニケーション

  • アサーティブネスでWin-Win関係を築く

  • 他者との関係を改善する

  • 共感力と他者貢献感を高める

(管理職向け)

  • 信頼関係のピラミッドを構築する

  • リーダーシップとフォロワーシップ

  • チームビルディング

  • 行動計画の作成

 
 
3.柔軟で楽観的な思考力を養う

 

  • 感情と行動のしくみを理解する

  • マイナス言葉を使わない

  • 非合理的な思い込みを見直す

  • 肯定的な意味づけ

(管理職向け)

  • 明るい組織作り、雰囲気づくり

  • リーダーとしての前向きな在り方

 
4.モチベーションを維持する

 

  • 診断の実施 (タイプ分け診断、レジリエンス診断等)

  • ストレングスファインダー
    (※:Gallup社の診断サイトを使用)

  • 自己肯定感と強みを活かす考え方

  • モチベーションカーブの作成

  • ビジョンメイキング

(管理職向け)

  • 組織のモチベーションマネージメント

  • 組織のビジョンを浸透させる

  • メンバの強みを活かした組織作り